Category Archives: 2. 牡蠣の周辺

生産者や流通業者など、愛する生牡蠣が体の中に届くまでには様々な当事者が存在しています。体当たりでレポート!

8月の広島へ 〜日本の牡蠣事情〜


ひょんなことから御縁をいただき、日本の牡蠣界を支える会社、 クニヒロ株式会社を訪問させていただきました。 英国から帰国した翌日、広島へ。 お忙しい中、御対応くださった皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。 老舗はさすが、懐 […]

舞鶴湾に注ぐ由良川の源流、京都大学の芦生研究林へ


美味しくて安全な生牡蠣をつくっているのは、豊かな森と、有害なものをできるだけ排出しない(河に流さない)人の暮らしと企業活動です。美しい海は、河と森と繋がっているからです。 京都大学フィールド科学教育研究センターは、まさに […]

能登へ・黄金岩牡蠣:For a Golden rock oyster


2014年夏、黄金岩牡蠣を求めて能登半島は珠洲市へ。 黄金牡蠣のことを知ったのは2年前。 資源保護のため漁の時期を7月から8月中旬のみに限定し、 水深20mにある牡蠣を、海女さんの手で採取されている天然の岩牡蠣です。珠洲 […]

タグ: ,

舞根森里海研究所の竣工式 @気仙沼市唐桑:The ceremony to celebrate the completion @Kesennuma


2014年4月26日。西舞根で行われる竣工式に向かうため、初めて気仙沼を訪れました。 東京では散ってしまった桜が満開です。 「舞根森里海研究所」は、日本財団の助成とルイ・ヴィトンの支援、京都大学フィールド研究所のタッグで […]

タグ:

Visit the Noto Peninsula Anamizu producer:能登半島穴水(岩車)の生産者を訪ねて


今年の春と夏の終わりに。私は能登半島の右側、穴水町にいました。 「牡蠣を育てて出荷する」ことが、どう行われているのかを知りたくて、2度、生産者の河端さんを訪ねたのです。 快くインタビューに応じて下さった河端さんご夫婦、ア […]

タグ: ,