Taste of the rock oyster after laying eggs :産卵後の岩牡蠣の味


岩車在住の生産者、河端さんのお宅でいただきました。

岩牡蠣は、8月下旬にほぼ産卵を終えるため、その直後の牡蠣は痩せています。訪れたのが8月末だったので、まさに産卵後。

岩牡蠣は、ピーク時には乳白色の液体がこぼれおちるほどになるクリーミーさが身上。

「こんなにやせていて申し訳ない」と恐縮されながら、奥様が出して下さったのが写真の蒸し岩牡蠣。半身にむいて電子レンジで数秒間。味つけは、牡蠣の塩味のみ。

それでね、これがまた、、美味しかったんです。

わびさびの世界観を感じさせるような滋味溢れる味。

濃厚でクリーミーな旬の岩牡蠣とはまた違う、清楚で禁欲的な魅力がありました。いつまでも口に含んで噛んでいたいような・・・。

季節によって、こんなにも違う魅力を、味わえるのが、牡蠣なんですね。牡蠣句会でもしようかしら。

 

タグ: ,

Comments & Responses

コメントを残す