憧れの聖地 カンカル(フランス)へ 1:Voyage à Cancale vol.1 


Mont-Saint-Michelを臨むサンマロ湾は、仏ブルターニュ地方にある有名な牡蠣生産地のひとつ。

Schumacher College のショートコース<Elegant Simplisity>受講後、1週間の休暇を得て、どこに行こうかさんざん悩んだ末に決めた行き先です。

Schumacher College

牡蠣養殖発祥の地ともいわれるサンマロ湾を有する都市、カンカルは、パリからはさらに半日もかかるところ、

・今いるトットネスから30分のエクセターから フライ・ビー が飛んでおり、レンヌ経由で1時間!

・アイルランドのゴールウェーやオランダのゼーランドやフランスのレ島、オレロン島やマレンヌ・オレロンやアルカッションより近い(ヨーロッパメジャーな牡蠣生産地です)

・夏ならプリマスからフェリーで行けた!くらい縁が深い

という、英国からのアクセスの良さに、この有名な牡蠣生産地とのご縁を感じ、いざ飛ぶことに。

あっというまにフランスへ入国です。今回もアジア人はわたくしのみ。

そしてこの空港からのアクセスは自動車のみ。フランス語しかしゃべれない素敵なおばあちゃんドライバーのタクシーに乗って、2人っきりで1時間のドライブです。ラッキー!

いい景色〜✨✨片言のフランス語と日本語と英語、歌と手振り身振りでなんだか楽しくなってきた。

“CANCAL”の文字を看板に見つけるたび、歓喜するわたしと、そんなわたしに大笑いのドライバーさん(笑)

そしてそしてそして。野生のディルと畑の向こうに・・・!!! うーみー✨✨!!!!

きらきら光る青い海が見えてきた。もうすぐだよ、とウィンクしてくれるドライバーさんでした。

そして、細い坂道をくねくねと降りたら、目の前が海!!と思ったら唐突に、到着です。

さすが人気観光地!!!人も景色もキラキラ。そしてアジア人がほっとんどいない。98.9:1.1くらいいない。

なんでしょうこの天国感!!

(つづく)

 

 

タグ: , ,

Comments & Responses

コメントを残す