【2012/07/27】Oyater bar &restaurant Ostrea Roppongi:オイスターバー&レストラン オストレア 六本木 


真夏のカキージョ倶楽部開催!生牡蠣はRのつく月にとか、冬が旬とか、いうのは一種類の牡蠣を見ていた場合なのでは?世界中の生牡蠣をいただけるオイスターバーにはあてはまりませぬ。だって、地球は丸いんですもの♪

 

◆日時:2012年7月27日(金) 18:30スタート

◆本日のお店: Oyster Bar & Restrant Ostrea 六本木店

株式会社バル.ジャパン(本社地・赤坂)の経営する、東京3大オイスター・バーチェーン店のひとつ。六本木店のオープンは2008年9月。他に、赤坂見附、銀座8丁目、銀座コリドー通り、新橋でも店舗展開(2012.7現在)。同業態の「ジャックポット」と生牡蠣の品質は同程度に高品質(kakijyo独断調べ)。洋居酒屋風なジャックポットに対し、Ostreaはエレガントで、大人が寛げる雰囲気のお店です。

————————————————————————-

◆【本日食した生牡蠣】

*太字は今宵のベスト3(リピート銘柄)になります

————————————————————————-

  • 能登(石川県) ¥390 小振り、実は痩せているが上品なミネラル香。
  • ウッディアイランド(タスマニア州ブラックマンベイ海域) ¥490 さっぱり。くせのなさ。清浄な水域の味。
  • パシフィックオイスター「至極」(アメリカ・ワシントン州) ¥550 肉食系男子。とろみ。まろやか。ベージュ色。
  • アイリッシュ・プレミアム・オイスター(アイルランド・ドネゴール州) ¥490 肉厚。しかしクリーミーではなく深い。品が良く、通り過ぎたお嬢様風。
  • 九十九島 岩牡蠣 小夏(長崎県/リアス式海岸) ¥480 苦い。燻製香。分厚く日本酒に合う。肝和え。
  • クマモト(アメリカ・ワシントン州) ¥490 いわずとしれたクマモト!クリーミー。
  • ウィンディーポイント(アメリカ・ワシントン州) ¥490 クリーミーでメインディッシュな感じ。やや、単一感
  • 仙鳳趾(北海道) ¥430 ホタテの貝柱のような甘味。大振りでクリーミー
  • コフィンベイ(オーストラリア) ¥490 すっきり。やせてる
  • オイスターベイ(アメリカ・シアトル南部) ¥490 濃い。苦い。ツルンと感

————————————————————————-

◆ 本日のカキージョ倶楽部 会話録♡ ◆

————————————————————————-

泉さん(以下、I)・・・昼はしっとり、夜は豪快なギャップ美女。

貴子さん(以下、T)…ふんわりおっとり、天女系美女。

カキージョM (以下、K)・・・生牡蠣ソムリエ

———————————————————————–

お店の人: 本日のサービス(※1)は「能登」でございます。

(※1…日本オイスター協会のオイスターマイスター特典のこと)

(お店の人が去ったあと)

K: 牡蠣農家さんとこに行った時ね、真牡蠣は夏は産卵期で、やせちゃうんだよねって。だからシーズンオフなんだよっていってたわ。

I: 今ってどうなんだろう?

 

K&I: いっただきまーす

(30秒経過)

K: んー!やっぱりおいしい

I: おいしいねー?

K: しあわせだねーなんだろうこれ、一気に、一気にしあわせがきた

I: どーん。うまい

K: たしかにー、痩せてるけど、おいしい

I: おいしい。肉厚なだけが牡蠣の魅力じゃぁないのね

 

(オイスターリストを眺め)

K: 何か食べたい品種あります?これだけはとか

I: 全部食べてみたい、いっしょに

K: じゃあ、、貴ちゃんまだだけど、オーダーお願いしちゃお♡ お願いします!全部2pで…

 

I: あっ、貴ちゃんきたきた♪

T: 遅くなりましたー

I: やーよく終われたねー!

K: おつかれさま

 

I: 私たちまずは乾杯しながら1個平らげてしまいました

K: サービスでね、泡1杯と1個いただけるの

T: えっ?どういう、そんなにあれなの?お得意様なの?

K: 牡蠣を広める会のバッジを見せるともらえるの。いちおう試験があって合格するともらえるの

 

(全員で): 乾杯!

I: みんなお仕事がんばりましたー。乾杯。

T: 幸せー

K: 今日もかわいいですねー貴ちゃん♡ふわふわ

T: ありがとう、体型をかくそうと

K: どうして背景をかくすの?

T: いやいや、体型を

I: いいねえ

 

I: ささ、発注しましょ

K: オーダーお願いします.全部3ピースずつで、クマモトと至極(しごく)とウッディアイランドとアイリッシュ・プレミアム・オイスターと、小夏

T: カキージョいっきにきましたね。あ、名前はクマモトだけど、産地はアメリカなんだ。

 

K: 元々は熊本産の牡蠣がワシントンに運ばれたのが根付いて、オイスターバーの代名詞的存在になってる品種よ。いつ食べてもクリーミーで美味しいの。熊本でのクマモトは絶滅しちゃっていたのを、去年かな、熊本県でも復活させたみたいよ。

(生牡蠣のメニュー表をみながら)

T: 種類がいろいろあるってことが分かる

K: 大きさも違うし殻の形も違うし

K: 今度5時から来ようよ。

I: 1個300円になるんだもんね

K: 国産だけね

T: あっ国産だけか

I: んー

(体を温めるための、コンソメスープが来ました)

K: 毎回休みの前にこの回やりたいね

I: (笑)いいねえ、冬の最終日は危険だきょね

T: 冬はね、危険だ

(Tちゃんにもサービスの能登が運ばれてきました)

 

I: カキージョの恩恵にあずかりまして

お店の人: 本日のサービスは、「能登」でございます

I: 幸せになるよ一気に

K: なんかねー、さっき一口食べた瞬間に幸せが頂点にきたー。ねー

 

T: 美味しい…♡幸せー

I: そうなるよねー

K: そして幸せは一瞬でなくなる

I: そのはかなさがまた

K: そのはかなさがはまるメカニズムなんだってー、中條教授が昔ゆってた。あでぃくしょん!

 

K: タスマニア産に間違いはないっていう迷信めいたのないですか?

I: んんあるね、美味しいよね、海域か

K: アイリッシュ・プレミアムも初めて食べたときに感動してー。

I: おいてあるお店少ない。

K: 私は赤坂のあの大好きなお店、地中海系オイスターバー(※2)で初めて食べた。ワインが2千円台からあって楽しくて美味しいの     (※2 …(株)テイクファイブの経営するPESCADERIAのこと)

 

I: 飲み物えらぼうか

K: ワインリストもらう?

T: (メニュー見ながら)いろいろあるけどずっと牡蠣でいいよね

K: うん!オイスター以外を口にするとかき消されちゃう

T: そうなの。牡蠣じゃないもの食べると牡蠣に戻れない

K: 牡蠣に飽きたら、そちらにいきましょ

I: あきるんだろうか(笑)

 

K: ウッディポイントも試してみたいなー

T: もう全種類制覇した?

I: もちろんよね!?

K: 季節で味が違うから・・そういう意味で、まだ制覇してない(笑)

I: シーズンごとにですか!

T: わっ、いっこ1,380円とかある

I: 岩ガキね

K: 異常におっきいんだよね。おっきければ美味しいってもんじゃない

K: 忘れてた、飲み物どうします?リースリングかなー。シャルドネはきついよね。

 

I: (飲み物リストに乗ってる白を指して)これにする?ほかに、ないの?

K: ワインリストは別にあるんだよ確か

I: そうだよね

K: これでもいいんだけど

I: じゃあこれにしよ

K: これってたぶん、酒屋さんでみた!値段はここでは言わないけど

I: そうだよねー。ここでこれだけお値打ちなんだから★

K: カキージョのうちでやんないの?オイスターバー

T:お願いします

K: 承知いたしました(笑)

 

(オイスタープラッッターが到着)

お店の人: ウッディアイランドから、順番にお召し上がり下さい。こちら、から入れご利用ください

全員: 幸せーどうしよう

I: ひしひし

K: あーもうだめだとろける..ウッディアイランド、からってゆってたよね?で、パシフィックオイスター、アイリッシュプレミアム、小夏、クマモトね。ねえ、私たち牡蠣の話しかしてない

I: 会社の話とかするのもったいないし

K: 牡蠣以外だとすごい深いはなしになっちゃう

T: (クマモトを指して)これ形がちっちゃくてかわいい

(そして、1っこめ「ウッディアイランド」)

K: あーんっ、命の水がこぼれちゃった

I: さっぱりしてる

T: うん、さっぱりしてる

K: 清浄な海域っていうのが、わかるね

I: 何のくせもない

(なぜか、幸せすぎて爆笑)

K: おいしいー

I: 甘めで

T: あ、なんか、ほわーんって感じ

K: 30分前までやってたことなのに、もう仕事のこと思い出せなーい

 

(2こめ「パシフィックオイスター《至極》」)

K: 至極にいっていい?おもしろいね、身の色がベージュなんだ

I: 違う!

T: こいー

I: こくなった

K: 野生味がある

I: クリーミーっていうんじゃなく

K: じゅんさいとかおくらとか、そういう感じのツルット感だね

I: 男っぽい

T: やっぱ品種で味がぜんぜん違うんだあ

 

(そして、1っこめを振り返り)

I:これおいしかったよねーウッディアイランドのくせのなさが

K:おいしいコーヒーって雑味がないじゃない?ああいう感じの美味しさ

T:くせのなさがよかった

T:私これもよかった

(3こめ「アイリッシュプレミアムオイスター」へ)

I: ミネラル♡

K: 塩の感じが(幸せ…)。アイリッシュプレミアムオイスター、大好き♡

T: おいしい♡

I: すてきだ

K: 深い、太い、なんだろう

T: 個性的な感じ?

I: やーこれは.肉厚でー、クリーミーというわけではなくて、ちょっと通り過ぎて行った御嬢さんみたいな

K: あのー、品がいいよね

I: 至極はわりとちょっと少年じゃないけど男の子っぽい感じ。男性的ね

 

 (ふと、オイスタープラッターに残るクマモトのサイズに・・・)

I: こんなちっちゃいクマモトはじめて見た

K: こんな小さいのは、ないよね

I: はじめてみた

K: もともと小さいけど、、

 

(4こめ、「九十九島産岩牡蠣 小夏」)

K: 塩からい.やっぱり苦い

I: 牡蠣じゃなーいこれ。

K: にがいしくさいし

T: にがいけどちょっと甘くないですか

K: 燻製香

T: なんだろう、おかずーみたいな

K: 分厚いあじがする

I: そうだ、烏賊の肝和えだ

T: オイスターっていうか、いわがき

I: ワインじゃないね

K: そうだねー、日本酒だね

T: でもおいしいーいろんな味が

I: 全部違う

 

(このプラッターラスト、「クマモト」へ)

I: じゃあいちばんちいさいので.クリーミーぽいね

K: 粒貝みたいなサイズ!

T: んーー!!しまぅてるう

I: つまってるつまってる

K: おいしーい。もっと食べたい

T: クリーミーって感じだね

 

(生牡蠣を食べることの危険性について)

K: どんなに滅菌しててもね、生ものだもん、ノロ以外にもあたる可能性ははあるから。侵入者に勝てるときしか食べちゃダメ。愛のためにリスクをとる、その真剣勝負が生食のすてきなところ。法律でしばる、それはフォーカスするとこが違うのよねー。仕方がないけれど。私はこの幸せを味わう権利を自己責任で享受したい。

I: うん、なんか今、体の中が、ドンドンいってる。戦ってるねー

K: 生きてるって感じ!

I: 美味しいねえクマモトいいねえ

 

I: 今日のオイスターリストでまだ食べてないのあるけどどうする?仙鳳趾と、ウッディポイントが気になる

K: 私のオイスターノートにはウッディポイントは、8月は塩からくて、9月はクリーミーって書いてあるよ。7月はどうだろう?

 

I: 刻むねえ。いってみよう。 北海道もいく?

K:仙鳳趾は大きめで濃厚。 丸えもんはそれをおとなしくした感じ。両方いってみる?あ、、でも宮城育ちなんだー。種牡蠣は全国で流通してるんだしなぁ。。仙鳳趾もたしか種は宮城よね。大好きな三陸が汚染されたことは切なく、許せない事実ですが(涙)復興を祈りつつ、体に入れるのは一種類にしておきましょ(※3)

 

I: 仙鳳趾とウッディポイントでいくか

T: はーい!

K: 仙鳳趾と、ウッディポイントも3ピースずつお願いします

お店の人: ただいま、サロマ湖でとれた旬のホタテも入荷しております。限られた生産者さんから直接入荷していてお勧めです。

K: 牡蠣たべてから考えます

T: いいなー!こんな牡蠣に囲まれて、幸せーーー♡♡♡

★★延々続く熱くハッピーな生牡蠣トーク。今宵生牡蠣を届けて下さった全てに感謝します。ありがとう☆☆

タグ: , , , , , , , , , ,

Comments & Responses

コメントを残す