SAKE de OYSTER !!初冬のオイスター♡Night: JAPANESE SAKE & OYSTER Night


Oyster Lover 東京カキージョ!では、旬を迎えた日本産真牡蠣と、日本酒の新鮮なマリアージュに出会いたくて、「日本」と「水」にフォーカスしたオイスターNightを開催しました。

DSC_0496

日本酒を株式会社東京酒店の利き酒師(東京酒店 http://www.saketokyo.com/ ) が、生牡蠣をオイスターマイスターが、それぞれ選りすぐりを複数産地、3~4種ほどセレクト、の予定でしたが。

育ちが遅く例年に比べ未成熟な産地とノロ中毒発生のあおりで出荷停止となった産地とが重なり、当日は、急遽、坂越(兵庫県)の1種類を、「生」「蒸し」「オイル漬け」で味わっていただく会になりました。牡蠣とはつくづくひとと海とつながった食材であることを実感します。

DSC_0470

↑美味しくて安全な生牡蠣は宝ものなんです↑

生牡蠣が海の味であるように、日本酒もまた、「水」と深い関わりのある食材です。日本という場所で共に育まれたお酒で牡蠣をいただく。とっても豪華な味わいのバリエーションがうまれました。

DSC_0475

日本酒は7種類とみりん1種類を、冷や、熱燗、ぬる燗で。

DSC_0570

生牡蠣の活き造り!!何のごまかしもきかないネイキッドな食べ方(笑)。提供する立場からは、いちばんむつかしいメニューです。生育海域、時期、鮮度、流通、保管、下ごしらえから開け方。美味しく召し上がっていただけるよう、ひたすら心を配ります。

DSC_0510

生で食べられる牡蠣をソテーして胡麻油ベースのオイルに3日間漬けました。秘密のトッピングは↓

DSC_0552

じゃーん。能登半島は金蔵(かなくら)産こしひかりの新米です。悶絶級の美味しさ。減農薬で作られていて、残留農薬ゼロのお米です。

■金蔵は日本の里100選にも選ばれた美しい場所です。ここで美味しいお米がつくられています。

10659045_10204358229697409_7566542751057481526_o

IMG_5121

金蔵集落
http://po5.nsk.ne.jp/~gakkou

DSC_0557

合わせると、こんな感じ。(ごはんもうほとんど見えない)

DSC_0531

蒸し牡蠣はウォーターレス9層鍋で美味しさをシールド。トッピングは↓

DSC_0547

熊本県産黒毛和牛と長野県産のレタス。蒸し牡蠣を食べているあいだ、空いた牡蠣殻エキスで蒸していただきます。マッハでなくなってしまうので、写真がないのです。

DSC_0569

DSC_0494

箸休め、いろいろ。

DSC_0556

とにかく牡蠣のオイル漬けと新米が大好評でした(うれしいけどちょっと複雑・・w)

DSC_0578

日本酒の奥深さをわかりやすく伝えてくれる東京酒店の亜希子さん。彼女の選ぶお酒は個性豊か。新鮮な世界観に魅了されます。この日は会社設立一周年記念日でした!おめでとうございます!!

DSC_0568

なんて洗練されたglass holding !!チャーミング&エレガントなお方。

DSC_0580

美女たち〜。+ラテン男子!!牡蠣好きなひとにはきれいな人が多い気がします。

DSC_0582

また美女美女です。

DSC_0581

牡蠣の会なのか美女の会なのかもうわかりません。

DSC_0567

牡蠣と日本酒を合わせるたびに、ハッピーな空気が満ちあふれてゆきました♡

(またきれいな人ばかり・・)

DSC_0563

image7

参加してくださった皆さま&スタッフの皆さま。ありがとうございました!!

生牡蠣好きなひとに囲まれて、幸せでした。生牡蠣にかんしゃ♡

—————————————————-

日時:2014年12月3日(水)19時〜21時
場所:東京都渋谷区南平台某所

入場料:なし(入退場フリー制です)

人数:先着20名様まで

タグ: ,

Comments & Responses

コメントを残す